安井裕司
著者のコラム一覧
安井裕司日本経済大学教授

1970年、栃木県生まれ。法大社会学部卒、バーミンガム大学国際政治学部博士課程修了、国際政治学博士。2013年から現職。14年以降、神戸ユネスコ協会理事としてカンボジア、ネパール、モンゴルなどで留学生とともにボランティア活動に従事し、フィールドワークを実施。日本経済大学教授。

【ベトナム編・下】金の卵の「卵」たちの日本人気の理由は

公開日: 更新日:

 今月から可能となった外国人の単純労働者の受け入れ。送り込む側のベトナムの国際空港での光景は、まるで高度成長期の「金の卵」たちの国際版のようだった。

 首都ハノイから車で1時間半ほどのハイズオン市の公立高校を訪れると、全校生徒が歓声で迎えてくれた。そして、ほとんどの学生は、あいさつ程度の日本語を話せた。ある学生は、私に日本語が話せると言って近づいてきて、いきなり「ごめんなさい」と頭を下げて笑っていた。

 多少困惑しながら、校長に話を聞くと、同校では卒業生(1学年の学生数は約300人)の3割が留学生、もしくは実習生として日本に行くという。それ故、日本語は授業で教えていないが、自分で少し勉強している学生が多いとのことだった。

 学生たちは「金の卵」のさらに「卵」のような存在だが、なぜこれほど、日本はベトナムの若者に人気があるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る