中村芳平
著者のコラム一覧
中村芳平外食ジャーナリスト

1947年3月9日、群馬県生まれ。早大卒。「週刊サンケイ」の契約記者などを経てフリーに。近著に「居酒屋チェーン戦国史」(イースト新書)。

リーマン後急成長「鳥貴族」飲み放題1192円でライバル打破

公開日: 更新日:

 鳥貴族創業者の大倉忠司(59)は、東大阪市の出身。高校2年生の夏、ビアホールでアルバイトをしたのが飲食業に入るきっかけだった。専門学校を経てホテルのレストランに勤めた。この時代に地元の「全品230円均一」の炉端焼き屋に通い、「将来こんな店をやりたい」と思った。大倉は関連する本などを読んで一つのことを追求するタイプだ。

 3年でホテル勤務を辞め、焼き鳥屋を始めた知人から誘われ、店舗展開などチェーン化に取り組んだ。

 1985年、25歳の時に独立、近鉄大阪線・俊徳道駅前の商店街に9坪27席、家賃4万3000円の店舗を借りた。大家が「誰がやってもはやらない」という三流物件だった。しかし、大倉にはダイエー創業者の中内㓛の唱える価格破壊を実行すれば成功するという自信があった。

 当初「全品250円均一」でやろうと思ったが、ビールの原価が当時で1杯200円しており、大倉は150円、250円、350円の3本立ての料金にした。大倉は「焼き鳥屋で世の中を明るくしたい」と、居酒屋革命を志向、当初から1000店舗のチェーン化を目指した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る