レオパレス社長退任へ 施工不良問題で690億円赤字に転落

公開日: 更新日:

 アパートの施工不良が相次いで発覚した賃貸住宅大手「レオパレス21」は9日までに、深山英世社長(61)が6月に退任し、宮尾文也取締役常務執行役員(59)が社長に昇格する人事を固めた。

 同社は9日、2019年3月期に巨額の特別損失を計上し、連結最終損益が690億円の赤字に転落する見通しだと発表した。10年2月から社長を務めている創業家出身の深山氏が経営責任をとって退く形となった。

 同社は各住戸間や屋根裏の仕切り壁の「界壁」施工をめぐり建築基準法違反が発覚。3万9085棟すべての調査を進めている。この問題を巡っては、弁護士3人でつくる外部調査委員会が、再発防止策や役員の責任について検討した結果を5月中に最終報告する予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る