北のミサイルに日本は騒ぎすぎ 冷静で論理的な態度が必要

公開日: 更新日:

カン・ヨンヒーさん(韓国出身)<2>

 日本は、北朝鮮のミサイルですごく騒ぎますよね。韓国は全然違います。テレビは事実関係をちょっと報じるだけで、日本のように大騒ぎはしない。国民も「また、やっているよ」程度の冷めた認識です。韓国の人は、北朝鮮がミサイルを撃つ理由は「かまってもらいたいから」だということが分かっています。だから大きなニュースになりません。脅威? いえ、感じません。だって、北朝鮮が戦争覚悟で本気でミサイルを撃ち込むことなんてあり得ないじゃないですか。

 韓国人男子は若い時に兵役義務があって、軍隊に入ります。そこで、軍事を勉強します。戦争をするには、油と食料と武器が欠かせないことを知ります。

 でも、北朝鮮にはどれもない。夜、空から北朝鮮を見ると真っ暗ですよ。明かりがあるのは平壌だけです。北朝鮮の全部の明かりを集めても、韓国の一都市に負ける。こんな国が戦争できるわけがありません。韓国人は、それを若いころから論理的に学んでいるから北朝鮮の脅威を感じないし、ミサイルを撃とうが過度に反応しないのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

もっと見る