安倍内閣「支持・不支持」拮抗 改憲や消費増税に有権者NO

公開日: 更新日:

 共同通信社は26、27両日、来月の参院選での有権者動向を探るために全国電話世論調査(第1回トレンド調査)を実施した。それによると、安倍内閣の支持率と不支持率はほぼ拮抗。「老後2000万円」問題が参院選での争点となると考える有権者が過半数を占め、憲法改正や消費増税など安倍内閣の重要政策に多くの有権者が「ノー」を突き付けている実態が明らかになった。

 内閣支持率は47.6%で、44.1%の不支持率とほぼ拮抗している。

 金融庁の審議会報告書を巡る「老後2000万円」問題について、参院選の「争点だと思う」は50.1%、「思わない」は43.0%だった。

 安倍政権下での憲法改正については「反対」が50.1%で、「賛成」は35.0%にとどまった。

 安倍政権の経済政策アベノミクスについて「継続してほしい」はわずか26.7%で、「見直してほしい」が64.1%にのぼっている。10月に予定される消費税の8%から10%への引き上げには「反対」51.1%、「賛成」44.7%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る