日産大リストラの波紋…トランプが失われる雇用に難クセか

公開日: 更新日:

 営業利益98.5%減などボロボロの決算(4~6月期)を受けて、日産自動車がブチ上げた1万2500人の大リストラ計画。主なターゲットは米国だ。安倍首相は日本企業の対米投資による雇用創出をさんざんアピールしてきた。雇用どころか、大規模なクビ切りは、トランプ大統領の逆鱗に触れるのは間違いない。

 1999年のゴーンCOO(当時)の「日産リバイバルプラン」は、国内5工場の閉鎖など日本を中心に2万人の人員削減をしたが、今回は海外が中心だ。

 日産は、18~19年度で6400人を削減するが、インド1710人、米国1420人に対し、日本はたったの880人。さらに20~22年度に6拠点(現時点で非公表)、6100人を削減するが、海外の拠点とみられている。

「米国でトータル2000人以上の人員削減になるでしょう。米国内の部品メーカーなどの下請けにも波及するので、米国内でかなりの雇用が失われることになります」(自動車業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  3. 3

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  8. 8

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る