小川善照
著者のコラム一覧
小川善照ジャーナリスト

1969年、佐賀県生まれ。東洋大学大学院修了、社会学修士。週刊誌記者として事件取材などを担当。2008年に「我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人」で小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。14年の雨傘運動以降、香港問題に関心を寄せている。

寄付に銀髪族も…警察の「誤爆」が招いた市民による総力戦

公開日: 更新日:

 3日、デモはまたしても過激化した。九龍地区の繁華街「尖沙咀」のスターフェリー乗り場の中国国旗は下ろされ、海に捨てられた。黒Tシャツに覆面姿の「勇武派」の若者たちは、歩道の鉄柵を解体して作ったバリケードで香港島と九龍半島を結ぶトンネルを封鎖。交通を一時マヒさせた。

 それでも警官は1人も出てこない。夜8時すぎ、尖沙咀警察署が囲まれてボヤが発生し、消防車が駆けつけると、やっとフル武装の警官隊の一群が到着。デモ隊に向けちゅうちょなく催涙弾を発射するが深追いはできず、警察署周辺を奪還しただけだった。

 8月に入ってもデモは勢いづき、参加者の裾野は広がっている。この前日までに金融関係者や医療関係者、公務員までが政府批判の集会を開いた。その数は最大4万人。5日にはゼネストが呼びかけられている。

 デモの現場は市民の総力戦だ。食費もままならない若者に50香港ドル分の食事のクーポン券が配られた。原資は市民から集まった寄付だ。商店の店先では、ペットボトルの水を参加者に無料で配っていた。デモ隊のトイレとスマホの充電のため、営業時間外の店舗を開放する飲食店もあった。身の安全のため、デモ帰りだと知られないよう着替えの古着を配る人までいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る