抗議の自殺者続出 チベット化が進む香港の抗議デモ活動

公開日: 更新日:

 日本ではあまり知られていないが、香港の逃亡犯条例反対運動で自殺者が相次いでいる。3日には、ついに4人目の自殺者が出てしまった。28歳の女性が高層ビルから飛び下りたのだ。彼女は遺書に「選挙のない政府は市民に応えない。香港には革命が必要だ」と記し、香港に関する連日の憂鬱なニュースに触れることへの絶望がつづられていた。

 6月15日に35歳の男性が最初に自殺してから、29日は21歳の女子大生が、30日には29歳の女性がそれぞれ抗議の投身自殺をしたばかり。彼女らは政府の犠牲者として扱われている。4日には、ネット上で自殺予告した男性を、数百人の香港市民が街中で探し回り保護するという騒動もあった。次々に起こる抗議の自殺は、僧侶が焼身自殺で抗議するしかないチベットと重なる。

 絶望の裏返しは怒りとなって表れている。1日には大規模デモと連動し、マスクを着けた若者たちが香港立法会へ突入。強化ガラスを打ち破り、議場の内部を破壊し、抗議の文言の落書きを残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  6. 6

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る