抗議の自殺者続出 チベット化が進む香港の抗議デモ活動

公開日: 更新日:

 日本ではあまり知られていないが、香港の逃亡犯条例反対運動で自殺者が相次いでいる。3日には、ついに4人目の自殺者が出てしまった。28歳の女性が高層ビルから飛び下りたのだ。彼女は遺書に「選挙のない政府は市民に応えない。香港には革命が必要だ」と記し、香港に関する連日の憂鬱なニュースに触れることへの絶望がつづられていた。

 6月15日に35歳の男性が最初に自殺してから、29日は21歳の女子大生が、30日には29歳の女性がそれぞれ抗議の投身自殺をしたばかり。彼女らは政府の犠牲者として扱われている。4日には、ネット上で自殺予告した男性を、数百人の香港市民が街中で探し回り保護するという騒動もあった。次々に起こる抗議の自殺は、僧侶が焼身自殺で抗議するしかないチベットと重なる。

 絶望の裏返しは怒りとなって表れている。1日には大規模デモと連動し、マスクを着けた若者たちが香港立法会へ突入。強化ガラスを打ち破り、議場の内部を破壊し、抗議の文言の落書きを残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る