小川善照
著者のコラム一覧
小川善照ジャーナリスト

1969年、佐賀県生まれ。東洋大学大学院修了、社会学修士。週刊誌記者として事件取材などを担当。2008年に「我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人」で小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。14年の雨傘運動以降、香港問題に関心を寄せている。

自分たちを「進撃の巨人」に例えた若者たちの悲壮な決意

公開日: 更新日:

 最前線に立つデモ隊は一様に若い。彼らの多くは学生で、貴重な夏を丸々デモに費やしている。彼らの本音が知りたくて、数人に話を聞いた。

「分かりやすく言うと、『進撃の巨人』の状態です」(参加者の男子大学生=22)

 彼の回答に驚いたが、日本のアニメ「ドラえもん」や「ちびまる子ちゃん」で育った世代には、「進撃の巨人」はリアルに映ったという。

「『巨人』は中国で、僕らは(巨人と闘う)『調査兵団』。香港の外周の壁はすでに『巨人』に突破されたんです」(同前)

 自分たちをアニメの主人公に置き換えて奮い立たせているふうなのが、印象的だった。しかし、現状への怒りは深刻だ。

「香港の街はすでに中国という『巨人』に壊されています。商店街は観光客向けの貴金属店とドラッグストアだらけで、私たち世代はマンションも買えないでしょう」(同前)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る