小川善照
著者のコラム一覧
小川善照ジャーナリスト

1969年、佐賀県生まれ。東洋大学大学院修了、社会学修士。週刊誌記者として事件取材などを担当。2008年に「我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人」で小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。14年の雨傘運動以降、香港問題に関心を寄せている。

自分たちを「進撃の巨人」に例えた若者たちの悲壮な決意

公開日: 更新日:

 最前線に立つデモ隊は一様に若い。彼らの多くは学生で、貴重な夏を丸々デモに費やしている。彼らの本音が知りたくて、数人に話を聞いた。

「分かりやすく言うと、『進撃の巨人』の状態です」(参加者の男子大学生=22)

 彼の回答に驚いたが、日本のアニメ「ドラえもん」や「ちびまる子ちゃん」で育った世代には、「進撃の巨人」はリアルに映ったという。

「『巨人』は中国で、僕らは(巨人と闘う)『調査兵団』。香港の外周の壁はすでに『巨人』に突破されたんです」(同前)

 自分たちをアニメの主人公に置き換えて奮い立たせているふうなのが、印象的だった。しかし、現状への怒りは深刻だ。

「香港の街はすでに中国という『巨人』に壊されています。商店街は観光客向けの貴金属店とドラッグストアだらけで、私たち世代はマンションも買えないでしょう」(同前)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る