小川善照
著者のコラム一覧
小川善照ジャーナリスト

1969年、佐賀県生まれ。東洋大学大学院修了、社会学修士。週刊誌記者として事件取材などを担当。2008年に「我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人」で小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。14年の雨傘運動以降、香港問題に関心を寄せている。

「夢の国」ディズニーランドも飲み込まれたゼネストの大渦

公開日: 更新日:

交通網はマヒ 長官会見は火に油

「今日は部分的にしかオープンしていません」

“夢の国”香港ディズニーランドの入り口では、職員が申し訳なさそうに謝っていた。もともと、東京と比べて混んでいないと評判だが、夏休み中にもかかわらず、園内の客はまばら。入り口で引き返す日本人観光客もいた。

 香港で5日に行われたゼネストの影響は、夢の国にも波及した。労働組合が参加を表明したためだ。この日は、非組合員だけで、半分ほどのアトラクションを運営したという。

 大規模なゼネストで香港の都市機能はマヒした。朝の通勤ラッシュの時間帯、ゼネストによって、ほとんどの地下鉄が混乱した。デモ参加者たちが停車中の地下鉄のドアを閉じられなくして、運行を妨害したためだ。

「先週から会社で『月曜日の出勤はムリ』と言っていたのに、上司は『できるだけ来てほしい』と。さすが日系企業です(笑い)。でも結局、臨時休業になりました」(日系企業のOL)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  8. 8

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る