小川善照
著者のコラム一覧
小川善照ジャーナリスト

1969年、佐賀県生まれ。東洋大学大学院修了、社会学修士。週刊誌記者として事件取材などを担当。2008年に「我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人」で小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。14年の雨傘運動以降、香港問題に関心を寄せている。

暴力行使する「過激派」の素顔は日本の地下アイドルオタク

公開日: 更新日:

大学進学を保留し家出

 現在のデモをリードするのは「勇武派」と呼ばれる若者たちだ。「――派」とつくが、特定の思想があるわけではない。デモにおいて暴力を肯定的に行使する、いわば過激派だ。そのひとりに会うことができた。

「この前、催涙弾が当たってプロテクターがなかったら、ヤバかった」

 マスクを外した彼の幼い顔立ちと、その行動のギャップに驚かされた。

「今は家出中です。両親は僕がデモの現場に行くことを許してくれず、ケンカしました」

 大学進学をいったん保留し、家出した彼は友人宅に同志数人と寝起きし、デモに通っている。この日は彼の新兵器を見せてくれた。

「これを警察に照射して銃の照準を狂わせます」

 それは市販品の強光量のマグライトだった。実弾入りの銃を構える警官隊に対しては、あまりにも非力に思えたが……。不意に彼のスマホに着信があった。母親からだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る