小川善照
著者のコラム一覧
小川善照ジャーナリスト

1969年、佐賀県生まれ。東洋大学大学院修了、社会学修士。週刊誌記者として事件取材などを担当。2008年に「我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人」で小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。14年の雨傘運動以降、香港問題に関心を寄せている。

暴力行使する「過激派」の素顔は日本の地下アイドルオタク

公開日: 更新日:

大学進学を保留し家出

 現在のデモをリードするのは「勇武派」と呼ばれる若者たちだ。「――派」とつくが、特定の思想があるわけではない。デモにおいて暴力を肯定的に行使する、いわば過激派だ。そのひとりに会うことができた。

「この前、催涙弾が当たってプロテクターがなかったら、ヤバかった」

 マスクを外した彼の幼い顔立ちと、その行動のギャップに驚かされた。

「今は家出中です。両親は僕がデモの現場に行くことを許してくれず、ケンカしました」

 大学進学をいったん保留し、家出した彼は友人宅に同志数人と寝起きし、デモに通っている。この日は彼の新兵器を見せてくれた。

「これを警察に照射して銃の照準を狂わせます」

 それは市販品の強光量のマグライトだった。実弾入りの銃を構える警官隊に対しては、あまりにも非力に思えたが……。不意に彼のスマホに着信があった。母親からだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る