姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

斬新なバンコクのショッピングモールに完敗した日系百貨店

公開日: 更新日:

 日本モデルは素晴らしい――。1980年代、東南アジアの小売業界で高まる「日本に学べ」という機運とともに、日本企業も積極的なアジア展開を行った。振り返れば、あのときの「ヤオハン」は輝いていた。シンガポール、マレーシア、ブルネイ、香港とアジアを席巻し、「買い物ならヤオハンだ」と地元に根差す店に成長した。伊勢丹はすでに72年にシンガポール店をオープンしており、現地に多くのファンをつくった。90年代初め、シンガポールに語学留学していた筆者も鼻が高かった。だが、「日本の百貨店はすごいでしょう」と言えた時代は終わってしまったのか。

 今夏、筆者が訪れたバンコクの伊勢丹は物悲しかった。食品が並ぶいわゆる“デパ地下”は“デパ5階”になっているだけで、あとは日本の売り場を忠実に再現しているのだが、外にはこれほど人の往来があるというのに、売り場には、従業員が気の毒になるほど平日の日中は客がいなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る