姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

環境立国戦略どこへ 「無料のレジ袋」に驚く外国人観光客

公開日: 更新日:

 2000年代、第1次安倍政権がぶち上げた「環境立国戦略」は、今ではほとんど聞くことがない。レジ袋規制では、日本はアフリカより遅れている。漁業従事者が多いアフリカは、海洋プラスチックごみに対する意識が高く、55カ国のうち34カ国がレジ袋の使用を禁止しているという。

 タンザニアは今年6月に「レジ袋禁止令」を出し、輸出入、製造、販売、使用をできなくした。08年から使用を禁止するルワンダは「レジ袋汚染防止」の模範国家だ。

 死んだ奈良の鹿のお腹から出てきた大量のプラスチックごみ――今夏、世界がこのニュースに注目した。今年6月にはシンガポールのストレーツ・タイムズが、7月には英BBCニュースが報じた。

 原因は誤飲。鹿せんべいを好む鹿が、観光客が手にするレジ袋ごと奪い取ってしまうケースが多い。中には、「ポップコーンの残りなどをビニール袋ごと与えている」「観光客が捨てたレジ袋を鹿が食べる」など、急増する外国人観光客が原因だとする指摘もあるが、悪いのは外国人観光客ばかりではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る