“タマネギ男”法相任命強行「戦後最悪」日韓関係さらに泥沼

公開日: 更新日:

“タマネギ男”こと韓国の次期法相候補の曺国氏の就任をめぐる騒動は、新たな局面に入った。与野党対立で見送りの公算が強まっていた国会の人事聴聞会が6日、開かれることになったのだ。

 曺国氏をめぐっては、娘の大学不正入学や奨学金不正受領、息子の兵役逃れ、家族ぐるみの不透明な投資などの疑惑が浮上している。世論が猛反発する中、11時間に及ぶ前代未聞の“マラソン会見”をこなしたことで、国民感情は軟化。世論調査機関リアルメーターによると、任命賛成は前週比で6・9ポイント増の46・1%に上昇し、反対51・5%に拮抗する勢いだ。曺国氏を重用する文在寅大統領が国会に人事聴聞経過報告書の再送付を6日までに求めたことで、時間切れで聴聞会をスルーし、6日にも曺国氏を任命するとみられていた。

 在韓ジャーナリストの朴承珉氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る