防衛省 辺野古地盤工事で大地震想定せず…工事強行狙いか

公開日: 更新日:

 沖縄・辺野古の米軍新基地建設で、海底地盤の一部が「マヨネーズ並みの軟らかさ」と判明したにもかかわらず、「地盤改良すれば施工は可能」などと結論付けた防衛省の報告書。何と大規模地震を想定した耐震性能を検討していなかったことが分かった。5日の東京新聞が報じた。

 国交省は羽田など主要13空港で、東日本大震災級の大規模地震に備えた耐震化を進めている。

 防衛省は米軍と調整した結果、大規模地震を想定した備えまでは必要ないと判断したとしている。しかし、防衛省は否定しているが、辺野古には、活動すれば大規模地震が発生する恐れがある活断層の存在も指摘されている。危機管理上、最悪の事態を想定すべき軍事基地の建設計画で大甘な想定をしたことに、専門家からは「工事を強行するためにあえてハードルを下げた」との指摘が出ているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

もっと見る