三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

演説がうまくカリスマ性も備える れいわ山本太郎への不安

公開日: 更新日:

 先の参院選で「れいわ新選組」が2議席を確保した。ほかの野党が勢いを失っている中、彼らの躍進は注目に値する。まずは参院選で議席を確保すると、次の衆院選で勢力を拡大して非自民連立政権樹立の立役者となった「日本新党」のようになるかもしれない。可能性は大いにあるだろう。

 代表の山本太郎さんは素晴らしい人だと思う。徹底的に弱者のサイドに立ち、財界や富裕層を優遇する安倍政権の経済政策を批判している。消費税の廃止も主要な政策だ。かなり勉強しているようで、発言にブレはない。

 その態度も堂々としたものだ。芸能界での経験が生かされているのだろう。しゃべりは達者でアドリブにも強い。肝が据わっている感じだ。街頭演説の途中でヤジられても、「ありがとうございます」と返す。ムキになって反論するようなことはない。どんな意見に対しても、まずはしっかり受け止めてから、自分たちの主張を重ねていく。街頭でも国会でも、ヤジに対してイライラする安倍さんに比べ、ずいぶんと大人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る