日米にまだ密約? トランプ「Eコマース取引成立」発言の謎

公開日: 更新日:

 永田町は安倍首相の外遊日程の合間を縫って行われる内閣改造の話題で持ちきりだが、今月末には日本の国益にとって重大な決定が明らかになるかもしれない。17~30日にニューヨークで開かれる国連総会に合わせ、安倍首相はトランプ米大統領と会談。そのタイミングで、日米通商交渉の合意文書への署名を目指すという。

 フランスで開かれたG7の場で会談した日米首脳は8月25日に共同会見を開いて、通商交渉が基本合意に至ったことを発表。そこでいきなり“トウモロコシ爆買い”をトランプ大統領にバラされたわけだが、実はまだ表に出ていない“密約”がある可能性がある。

 あらためて、共同会見におけるトランプ発言を聞いてみると、「国連総会の頃に署名する」と言い、こう続けている。

「これは、米国のためのとてつもない取引だ。本当に、我々の農民や牧場主のための大きな取引。さらに、私が言った通り、Eコマースを含む他のものにも関わるディールだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る