あいちトリエンナーレ補助金不交付 文化庁が無審査の横暴

公開日: 更新日:

 文化の“圧殺”じゃないのか。

 文化庁が国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」への補助金7800万円を交付しない決定をした問題。トリエンナーレは補助の対象に内定していたにもかかわらず、補助金の不交付が決まったが、ナント、文化庁は不交付を決める際に何の審査もしていなかったのだ。

 共産党の本村伸子衆院議員は自身のツイッターに、<どのような審査で「不交付」が決まったのか知りたいと文化庁に要求していた回答です>として、文化庁の文書(10月1日付)を投稿。そこには、次のような回答が書かれていた。

<御依頼のありました、あいちトリエンナーレへの補助金不交付を決定した審査の議事録はございません>

 文化庁はトリエンナーレを補助事業に採択する際、大学教授などの有識者からなる委員の審査をしている。つまり、審査を経て採択されたにもかかわらず、委員に黙って勝手にひっくり返したというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  9. 9

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  10. 10

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

もっと見る