安倍政権 米兵器購入費「減免」受けず年間最大39億円の損

公開日: 更新日:

 米政府を通じて兵器を購入する「対外有償軍事援助(FMS)」で、政府は、協定を結べば得られる減免措置を取っていなかったことが会計検査院の調査で発覚。16日の東京新聞が報じている。

 防衛省がFMSで兵器を購入する場合、品質保証などの手数料として、本体価格の1・2%が上乗せされる。米国と協定を結べば手数料は減免されるが、同省は協定を結んでいなかった。会計検査院の指摘を受け、防衛省が確認したところ韓国や英国、フランスなど18カ国は0・5~1・2%の減免措置を受けていたという。

 日本のFMSでの兵器調達額は2018年度で約4078億円。うち、減免対象となる兵器購入額は約3314億円だった。仮に日本が減免措置を受けた場合、16億~39億円を“節約”できた可能性がある。FMSは兵器納入後に米側が金額を精算する制度で、「米国の言い値」との批判が上がる。安倍政権はFMSで武器を“爆買い”している上、節約できたカネまで米国に支払っているのだから許しがたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る