データ8週間バックアップ「桜を見る会」の露骨な隠蔽工作

公開日: 更新日:

「予定通り廃棄したもので、野党議員からの資料要求とは全く無関係」

桜を見る会」の招待者名簿廃棄について、2日の参院本会議でこう断言した安倍首相。菅官房長官は安倍首相の答弁について「さまざまな質問に丁寧に答えた」と評価したが、とんでもない。説明を精査すると露骨な隠蔽工作が透けて見えるからだ。

 内閣府によると、「桜を見る会」の電子データは、紙を廃棄した5月9日の前後、同7~9日に削除された。共産党の宮本徹衆院議員が「桜を見る会」に関する資料を要求したのと同時期だったため、「わざとではないか」と問題視されている。

 安倍首相は本会議で隠蔽の意図を否定。内閣府に導入されているデータ管理システム「シンクライアント方式」を理由に「バックアップの保存期間を終えた後のデータは復元不可能」と明言した。

 だが、「シンクライアント方式」のバックアップ期間は最大で8週間。つまり、宮本氏が資料を要求した時点ではバックアップデータが残っていたのだ。にもかかわらず、内閣府は5月21日に衆院財務金融委員会で「(桜を見る会の)資料が残っていない」とスットボケ、招待者名簿について「もう既に開催が終わったので破棄した」と、まだ存在していた資料を「ない」と言い張っていたのだから悪質だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  7. 7

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る