米国で新型肺炎の初感染者は武漢訪問 中国では患者320人超

公開日: 更新日:

 中国湖北省武漢市などで多発している新型コロナウイルスによる肺炎が米国にも飛び火した。米疾病対策センター(CDC)が21日、ワシントン州で感染者1人を確認したと発表。米国内での感染確認は初めてだ。

 患者は武漢を訪問していた米国在住の30代男性。現在は予防措置として入院中だが、体調は良好で、感染拡大の危険性は低いという。男性は15日に米国に到着した際には症状がなかったが、後日検体をCDCで検査したところ感染が確認された。

 中国国家衛生健康委員会や国営中央テレビなどによると、中国全体で感染が確認された患者は計322人。感染者は湖北省が270人、広東省17人、北京市10人、上海市6人、浙江省と重慶市が各5人。天津市や江西、雲南、湖南、四川、山東、河南の各省でも感染者が確認されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る