新型肺炎4人目の死者 中国政府が情報統制を敷いた可能性

公開日: 更新日:

 中国湖北省武漢市を中心に多発している新型コロナウイルスによる肺炎で新たに男性(89)が死亡し、死者は4人となった。同市衛生当局が21日未明、発表した。

 また中国国営中央テレビによると、新型肺炎を調査する中国政府の専門チームでトップを務める鐘南山氏は20日、「ヒトからヒトに感染したことが証明された」と明言。感染者の看護などにあたっていた医療従事者14人も感染したことを明らかにした。

 一方、中国政府が新型肺炎に関して情報統制を敷いているとの指摘が出ている。中国版ツイッターのウェイボーでは「武漢の医療機関では発熱の患者が多すぎて入院を断られた」などと不満を訴える書き込みが削除されたという。中央テレビや各衛生当局によると、20日までの患者数は武漢で198人、北京で5人、上海で1人、広東省で14人の合計218人となっているが、「政府の発表データは信じられない」との声が広がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る