新型コロナ便乗で…石ころまで高値で売り出され始めた

公開日: 更新日:

 マスクが店頭から消えた1月末以降、オークションサイトやフリマアプリで高額の転売が横行。ウエットティッシュやハンドジェル、消毒用アルコールも同様だった。その後、メルカリはこれらの商品について削除・利用制限の対象に。先日は、トイレットペーパーが高額で転売されていた。これも削除・利用制限の対象になっている。

 トイレットペーパーは根拠のないデマがSNS上で広がり、買い占めが発生したため、店頭で一時的に品薄状態になっただけだが、マスク、ウエットティッシュ、ハンドジェル、消毒アルコールは、「多少、値段が高くても手に入れたい」と思った人もいるのではないか。

 しかし、さすがに“これは、ないな”と思うものまでが、新型コロナウイルスの不安に便乗して、メルカリなどで転売されていた。それは「花崗岩」、つまり石ころだ。

 なぜ石ころか? 花崗岩が放射性物質ラジウムを放出しており、それが強い殺菌力を発揮するから、ということらしい。2000円、2900円、3800円、4800円などの値段がつけられた石が複数出品され、驚くことに売り切れも続出。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る