日本一般用医薬品連合会が“泥沼の内紛”に至った本当の理由

公開日: 更新日:

「ところが、この方針に他の製薬メーカー幹部が反発したのです。『アンタ、何をバカ言っているのか』と。そして一般薬連の幹部は水面下で厚労省の当時のM審議官(医薬担当)と接触し、山本化学工業のAAは品質上の問題はなく、出荷停止や回収すると国民生活に影響を与えかねず、すでに納入済みの製品についても例外的に使用して構わないというお墨付きを得たのです」(前出の製薬業界関係者)

 記者が入手した、一般薬連内部でかわされた17年6月22日付のメールにもこう書いてある。

<各位 本日夜、シカゴ出張中のM審議官に本件の背景を伺うことが出来ました。既にM審議官には情報が全て行っており、また対応も固まっていたご様子でした。(略)山本化学が製造したアセトアミノフェンを使って造った最終製品であっても、回収などの沙汰はない方針です>

 ちなみにこの日は、「第2回厚生科学審議会医薬品 医療機器制度部会」で山本化学工業のAAが取り上げられ、<品質上問題がない>とされたほか、厚労省の医政局経済課と医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課が<当該医薬品原薬につきましては品質に問題ないことが確認されております>との事務連絡を公表したタイミング。山本化学工業の中国製AAの問題が新聞などで大々的に報じられるのは翌23日以降だが、厚労省や一般薬連はそれ以前に、この問題についての詳しい情報や今後の対応について協議していた様子がよくわかるではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  5. 5

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  9. 9

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  10. 10

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

もっと見る