溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

展望ゼロのコロナ禍で増えそうなヤクザの金銭トラブル殺人

公開日: 更新日:

 神戸山口組系山健組傘下「2代目武神会」の幹部(41)以下、建設業やとび職、型枠大工ら7人が加古川市の農道で他人の乗用車を全焼させた疑いで3月5~7日、兵庫県警に逮捕された。

 県警は11日、車の持ち主の遺体を埋めたという関係者の供述に基づき、京都府福知山市の山中を捜索し、車の持ち主の遺体を発見した。県警が車の持ち主の男性宅を捜索したところ、武神会の幹部との金銭トラブルを示唆するメモを発見。メモには「何かあったら、もめたと思ってください」などと書かれていたという。

 事件の全容はまだ解明されていないが、おそらく殺された男が武神会幹部にカネを貸し、強く返済を迫ったところ、幹部がカネを返さず、すったもんだの揚げ句、借り手の幹部が貸主を殺したと想像できる。

 証拠隠滅のため遺体は山中に埋め、貸主の車もナンバープレートを外した上、全焼させたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る