溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

展望ゼロのコロナ禍で増えそうなヤクザの金銭トラブル殺人

公開日: 更新日:

 神戸山口組系山健組傘下「2代目武神会」の幹部(41)以下、建設業やとび職、型枠大工ら7人が加古川市の農道で他人の乗用車を全焼させた疑いで3月5~7日、兵庫県警に逮捕された。

 県警は11日、車の持ち主の遺体を埋めたという関係者の供述に基づき、京都府福知山市の山中を捜索し、車の持ち主の遺体を発見した。県警が車の持ち主の男性宅を捜索したところ、武神会の幹部との金銭トラブルを示唆するメモを発見。メモには「何かあったら、もめたと思ってください」などと書かれていたという。

 事件の全容はまだ解明されていないが、おそらく殺された男が武神会幹部にカネを貸し、強く返済を迫ったところ、幹部がカネを返さず、すったもんだの揚げ句、借り手の幹部が貸主を殺したと想像できる。

 証拠隠滅のため遺体は山中に埋め、貸主の車もナンバープレートを外した上、全焼させたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る