溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

それぞれの組でそれぞれの動き 特定抗争指定後のヤクザ界

公開日: 更新日:

 1月7日、6代目山口組と神戸山口組が特定抗争指定暴力団に指定されて以来、両派の抗争はピタッと止まっている。さすがの高山清司若頭にしても特定抗争指定は脅威なのか。

 警察庁と兵庫県警本部が高山若頭にアワを吹かせたいと狙っているのは確かなようだ。警察庁詰めの記者が言う。

「山口組は、尼崎の街頭で神戸の古川恵一幹部に自動小銃を乱射、ハチの巣にした。一歩間違えれば、関係のない通行人を巻き添え死させる大惨事だ。それと、警察が警備している目の前で拳銃を発砲、山健組組員2人を射殺した。

 どちらも警察をなめきった犯行だ。そういうことなら、高山(若頭)にもう一度臭い飯を食ってもらおうじゃないか。ヤツをまたムショに叩き込んでやる、と考えている幹部はいます。両事件の突き上げ捜査でパクられないなら、次に税金関係だ、と別のカードも用意しているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る