五輪延期に透ける“安倍ファースト”「22年夏案」消えた真相

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの影響で、東京五輪の開催延期が決まった。マリオに扮してまで盛り上げてきた安倍首相は24日、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長と電話会談し、「1年程度の延期」を提案。バッハ会長もこれに同意し、2021年夏の開催が濃厚になった。取り沙汰されていた「今秋案」「22年夏案」はなぜ消えたのか。“アスリートファースト”は口先だけで、“安倍ファースト”の思惑が見え隠れする。

 安倍―バッハ会談には大会組織委員会の森喜朗会長、開催都市の小池都知事、橋本五輪相らも同席した。会談後にぶら下がり取材に応じた安倍首相によると、安倍首相の提案にバッハ会長は「100%同意する」と快諾。IOCはその後の臨時理事会で延期を満場一致で承認した。

 安倍首相は当初、予定通りの開催に固執してきたが、23日の参院予算委員会で「完全な形での実施が困難な場合、延期の判断も行わざるを得ない」と方針転換。代表選考など選手への影響を考慮し、延期は1年以内が望ましいと“アスリートファースト”をアピールしているが、フタを開けてみればやっぱり“安倍ファースト”だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る