泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

公開日: 更新日:

「正直、(勝てる)自信はなかった」

 ふるさと納税制度からの除外を巡る大阪府泉佐野市と国とのバトルを、千代松大耕市長はこう振り返った。最高裁は30日、国勝訴の大阪高裁判決を破棄。市が逆転勝訴した。

 コトの発端は、総務省が昨年5月に泉佐野市をふるさと納税制度から除外したこと。同省は、返礼品について「寄付金の3割以下」「地場産品に限る」と規定した改正地方税法が同6月施行だったにもかかわらず、「新制度移行の約半年前(18年11月)から適正な寄付募集をしていなかった自治体は除外する」とのルールを適用。アマゾンギフト券を返礼品に上乗せするなどした泉佐野市を含め、4市町を制度対象から外したのだ。

 この一方的なやり口に、泉佐野市はカンカン。取り消しを求めて国を相手に訴訟を起こしたが、高裁で全面敗訴。しかし、最高裁は地方税法に「(新制度)移行前の募集実態も判断材料とする規定はない」として、総務省のルールを「違法で無効」と判断した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る