出井康博
著者のコラム一覧
出井康博ジャーナリスト

いでい・やすひろ 1965年、岡山県生まれ。早大政経学部卒業。英字紙「THE NIKKEI WEEKLY」記者などを経て、フリー。著書に「移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線」(角川新書)、「ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)など。

SNSにあふれる勧誘 ベトナム人を犯罪に引き込む厳しい現実

公開日: 更新日:

 実習生や留学生の増加によって、在留ベトナム人の数は41万人を超えるまでになった。7年間でざっと8倍である。それに伴い増えているのが犯罪だ。

 警察庁によれば、2019年のベトナム人の検挙件数は6040件。国籍別でトップとなった17年から約900件増えた。在留外国人の14%を占めるベトナム人が、全体の35%もの犯罪を起こしているのだ。万引では3件に2件、窃盗は半数近くがベトナム人の犯行である。ちなみに在留中国人の数はベトナム人の2倍近いが、検挙件数は1500件以上も少ない。

 外国人の総検挙件数は前年から約1000件増加し、1万7260件だった。近年、日本で暮らす外国人は増え続けているが、犯罪はピーク時の05年の3分の1程度。つまり人数と犯罪件数に因果関係はない。ただし、ベトナム人など特定の国の出身者に限って法を犯す人が目立つのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る