元顧問弁護士・山之内幸夫氏が語る山口組分裂の根源と行方

公開日: 更新日:

 2015年8月に山口組の分裂騒動が勃発。司忍6代目組長が率いる6代目山口組と、4代目山健組の井上邦雄組長をトップとして結成された神戸山口組との対立抗争が続いていたが、昨年、6代目山口組の高山清司若頭が出所してから一層熾烈に。これを沈静化しようと、今年に入り両者は「特定抗争指定暴力団」に指定され、今後の動きに注目が集まっている。山口組はどう変わっていくのか? 山口組を熟知した元顧問弁護士の山之内幸夫氏を直撃した。

■去るも地獄、残るも地獄

 ――今月「山口組の平成史」を上梓されました。なぜ今、出版する運びになったのですか?

 私は約40年間、山口組の顧問弁護士という立場で彼らと接してきました。暴力団を排除する社会の締め付けが行くところまで行ってしまった現在、元身内同士で喧嘩している場合ではありません。分裂の当初から、「去るも地獄、残るも地獄」と苦渋の心境を打ち明けてくれる神戸の幹部がいたほどで、分裂が山口組の体力を著しく奪っているのは間違いありません。そのことに目覚め、一刻も早く終息に向かってほしい。関係者に対してもそんな思いも込めて、最後のご奉公のつもりで本を書いたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る