元顧問弁護士・山之内幸夫氏が語る山口組分裂の根源と行方

公開日: 更新日:

 2015年8月に山口組の分裂騒動が勃発。司忍6代目組長が率いる6代目山口組と、4代目山健組の井上邦雄組長をトップとして結成された神戸山口組との対立抗争が続いていたが、昨年、6代目山口組の高山清司若頭が出所してから一層熾烈に。これを沈静化しようと、今年に入り両者は「特定抗争指定暴力団」に指定され、今後の動きに注目が集まっている。山口組はどう変わっていくのか? 山口組を熟知した元顧問弁護士の山之内幸夫氏を直撃した。

■去るも地獄、残るも地獄

 ――今月「山口組の平成史」を上梓されました。なぜ今、出版する運びになったのですか?

 私は約40年間、山口組の顧問弁護士という立場で彼らと接してきました。暴力団を排除する社会の締め付けが行くところまで行ってしまった現在、元身内同士で喧嘩している場合ではありません。分裂の当初から、「去るも地獄、残るも地獄」と苦渋の心境を打ち明けてくれる神戸の幹部がいたほどで、分裂が山口組の体力を著しく奪っているのは間違いありません。そのことに目覚め、一刻も早く終息に向かってほしい。関係者に対してもそんな思いも込めて、最後のご奉公のつもりで本を書いたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る