撮影タイムにゴキゲン 小池都知事“コロナTシャツ”の思惑

公開日: 更新日:

「きょう、私これ着てますけど」――。東京都の小池知事が7日の定例会見でお笑い芸人ばりにジャンパーの前をガバッと開け、披露したTシャツが話題騒然だ。その胸元にデカデカとプリントされていたのは、新型コロナウイルス対策で小池が猛プッシュする「感染防止徹底宣言ステッカー」。“パフォーマンス知事”の本領発揮でコロナ失策を目くらましして、批判をかわすつもりか。

 7日の都内の新型コロナウイルス新規感染者は462人。過去最多だった1日の472人に迫る厳しい数字だ。200人超えは11日連続で、収束の兆しは全く見えない。2日連続となる会見で小池知事は厳しい表情を浮かべて「『感染拡大特別警報』という状況だ」と危機感を訴えていたが、Tシャツ披露の瞬間はいつになくゴキゲンだった。

 Tシャツにプリントされたステッカーが登場したのは6月中旬。小池知事は「感染防止対策を実施している店の目印」と掲示を求めてきたものの、拡散はイマイチだった。それがここにきて一気に広がり、16万枚超え。先月末に打ち出した感染防止策に賛同した事業者に20万円を支給する「感染拡大防止協力金」にリンクさせたからだ。都はアルコールを提供する飲食店などに「午後10時までに閉店」を要請中(31日まで)で、このステッカーを掲げて時短営業に応じた事業者を支援する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  7. 7

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

  8. 8

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  9. 9

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  10. 10

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

もっと見る