台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

公開日: 更新日:

 小池都知事が自身のカイロ大学「卒業証書」と「卒業証明書」を公開したのは6月15日で、都知事選告示の3日前だった。過去2年間、小池は都議会の提出要求を拒んできた。小池サイドの「手違い」により、日刊ゲンダイは公開の場から“排除”されたが、告示日にようやく閲覧する機会を得た。

 場所は小池の選対本部となった西新宿の都民ファーストの会事務局。窓がなく、小さな白熱灯だけが頼りの薄暗いスペースに通されると、2つの書類はそれぞれクリアケースに挟まれた状態で机の上に並んでいた。

 日刊ゲンダイは表と裏、さまざまな角度から書類を撮影。そばには見届け人の伊藤悠都議が控え、終始、不機嫌そうな表情を浮かべていた。時間にして10分強。肉眼では特におかしな点には気づかないまま、事務局をあとにした。

 撮影した数点の写真を見直すと、卒業証明書に添付された若き小池の顔写真が気になった。肩幅と比べ、顔のバランスが大き過ぎるように思えたのだ。その感想を顔写真付きで「日刊ゲンダイ ニュース記者」のツイッターに投稿したところ、計5000件近いコメントとリツイートが寄せられた。

 中には写真を拡大、ネガポジ反転させるなどして独自の検証を行う人々もいた。そうした方に直接、話を聞き、日刊ゲンダイ・写真部の意見も参考に検証を重ねた結果、縦4・5センチ、横3・5センチ程度の顔写真には、いくつか「変」な箇所があった。

 その一つが台紙だ。写真を拡大すると、ちょうど肩の上にかかった髪の毛の辺りを境目に、台紙の下部には左斜め上から右斜め下に向かう「斜線」が走っている。上部には斜線は見えない(写真①)。ただ、斜線の境界線は上下で水平に分かれているわけではない。写真②の黄線で示したように首の辺りでくぼんでいる。

 この点を小池事務所に書面で確認すると、6人の代理人弁護士の連名で「本件『顔写真』の件は、カイロ大学に問い合わせされたい」と回答した。「変」な部分はまだある。(つづく)

【写真】安倍首相アベノマスクをついに卒業(11枚)
【写真】小池都知事の会見はまるで“言葉遊び” 過去最多367人の感染者(12枚)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る