溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

「親分子分」という擬制血縁関係=ビジネスモデルの崩壊

公開日: 更新日:

 日本の暴力団を特徴づけるものに擬制血縁関係がある。実際の親がいるにもかかわらず、組員となる者は、これと見込んだ男を親分として選び取る。子分は親の言うことは黒いものを白いと言われても、親に従わなければならないとされる。

 親になった者の第一の責務は、実の親も手に余すゴチャ者を世間に通用する人間に仕立て上げ、その者が自分の才覚で飯を食えるよう育てることだろう。

 暴力団組織は企業とは違い、親分が子分に給料を払うのではなく、子分が自分の力量や才覚で食えるようになれば、逆に親分や組事務所に月会費や上納金を納める。つまり親分は子分の数が多ければ多いほど懐が潤う仕組みである。それもあって組は広域化する。

 しかし、こうした擬制血縁関係は、現代では限りなくブラック企業に近い。社員に給料を払わなければブラック企業といわれても仕方ない。だが、暴力団は給料を払わないどころか、社員からカネを取る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  2. 2

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

もっと見る