溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

ベトナム人家畜泥棒事件に見る野性味…一方ヤクザはどうか

公開日: 更新日:

 住宅地に住む者は植木の落ち葉や小枝を自宅で燃やすことが許されない。ストーブ状の炉や煙突を備えていようと関係ない。燃やすこと自体がたいてい市条例か何かで禁止されている。

 枯れ木や小枝は50センチの長さに切り揃え、ヒモで束ねて清掃局に持っていってもらわねばならない。

 こうした措置は自治体が処理するゴミの量を増やすだけだ。住民が、たき火で得るささやかな楽しみさえ奪う施策だろう。たき火にどれだけの量のダイオキシンや有害物質が含まれているというのか。

 ところで北関東では大量の家畜が盗まれた。9月までに群馬県ではブタ676頭、牛2頭、ニワトリ144羽、埼玉県ではヤギ8頭、ブタ130頭、ニワトリ80羽、栃木県では牛6頭などの被害が出たという。

 どこの誰が飼育農家から盗むのかと思っていたら、失職したベトナム人などだった。家畜を盗んでも輸出できない。国内で大々的に販売することも難しい。結局は仲間たちの腹に収めるしか販路がない。

 ベトナム人の中には貸家に19人が混住していた例もあったらしい。実習生とはいえ、働き口もなく、食い物もなく、切羽詰まって家畜に手を出したのだろう。同情すべき余地がある犯罪だが、ここで気がつくのは彼らが持つ野性味である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日