溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

ベトナム人家畜泥棒事件に見る野性味…一方ヤクザはどうか

公開日: 更新日:

 住宅地に住む者は植木の落ち葉や小枝を自宅で燃やすことが許されない。ストーブ状の炉や煙突を備えていようと関係ない。燃やすこと自体がたいてい市条例か何かで禁止されている。

 枯れ木や小枝は50センチの長さに切り揃え、ヒモで束ねて清掃局に持っていってもらわねばならない。

 こうした措置は自治体が処理するゴミの量を増やすだけだ。住民が、たき火で得るささやかな楽しみさえ奪う施策だろう。たき火にどれだけの量のダイオキシンや有害物質が含まれているというのか。

 ところで北関東では大量の家畜が盗まれた。9月までに群馬県ではブタ676頭、牛2頭、ニワトリ144羽、埼玉県ではヤギ8頭、ブタ130頭、ニワトリ80羽、栃木県では牛6頭などの被害が出たという。

 どこの誰が飼育農家から盗むのかと思っていたら、失職したベトナム人などだった。家畜を盗んでも輸出できない。国内で大々的に販売することも難しい。結局は仲間たちの腹に収めるしか販路がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る