室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

なんとかならなかった場合、国民はどうなる?

公開日: 更新日:

「始まれば何とかなると思っている。日本人選手が金メダルを取れば盛り上がり、最後は感動で終わるという、いつもの楽観論だ」(自民党のベテラン議員)

 この自民党のベテラン議員は、東京五輪について語っておる。5月2日の『47NEWS』『「開催強行」で失敗五輪になる恐れ 抜本見直し提起につなげられるか』という記事の中に出てくる。

 ふぁーお、太平洋戦か! この自民のベテラン議員、幸福の科学の大川隆法氏みたいに、山本五十六の降霊でもしてしゃべってんじゃ……。

 真珠湾攻撃で相手の艦隊を撃破すれば、戦意喪失して有利に事が運ぶっていってた五十六よ。

「はじめの半年や一年はずいぶん暴れてみせます。しかし、2年3年とつづけばまったく確信は持てません」

 つってた五十六。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    連日ウソばかり 橋本聖子会長が自己崩壊しない摩訶不思議

もっと見る