アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

公開日: 更新日:

 強靱な肉体を持つアスリートも苦しんでいる。

 4月29日、レイズの筒香嘉智(29)が新型コロナウイルスワクチン接種による副反応で負傷者リスト(IL)入り。接種の翌朝に体調不良を訴えたという。

 MLBではヤンキースのウルシェラ(29)、ブルージェイズのグリエル(27)らが副反応で一時離脱。開幕前にワクチンを接種した大谷翔平(26)も、開幕直後に副反応によって体調不良に陥ったことを明かした。

 東京五輪を控えるアスリートもこの副反応に頭を抱えている。すでに接種を終えた陸上のガトリン(39=米国)は「ボクサーに殴られたような打撲痛」と、接種部位の痛みを表現。別の長距離選手は2回目の接種から1週間経っても体調不良が続いたという。

 米国の疾病対策センター(CDC)発表のデータによると、ワクチン(ファイザー製とビオンテック製が対象)の副反応にはさまざまなものがある。接種部位の痛みが1回目約68%、2回目約75%と最も多く、倦怠感や疲労感は同約29%と約50%、頭痛は同約26%と約42%。他にも筋肉痛や発熱などの症状が出ている。高齢者より若年者の方が副反応が出る確率が高く、アスリートたちが影響を受けるのは避けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る