立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。毎日放送「よんチャンTV」、フジテレビ「めざまし8」出演中。

児童5人死傷事故 なぜ歩道が設置されなかったのか? そこにこそ報道は切り込んで欲しい

公開日: 更新日:

 千葉県八街市で小学生の列にトラックが突っ込み、下校途中の児童5人が死傷した事故。トラック運転手の飲酒が大きく取り上げられている。萩生田文科大臣が「(飲酒が)事実であるとすれば、もう本当に怒りを禁じ得ない」と述べるなど、怒りの声が上がっている。

 もちろん、飲酒運転はあってはならない。加害者は事故の重さと自身の無責任な行動を一生背負い続けなければならない。一方で、こうした事故を加害者の責任追及のみで語っていては、この悲劇は今後も繰り返される。

 政府は、事故直後に関係閣僚会議を開いて通学路の安全の徹底を確認しているが、その本気度は何度も問われている。なぜなら、通学途中の児童が交通事故に巻き込まれるのは今回が初めてではないからだ。その都度、「通学路の安全の徹底」が叫ばれるが、それで悲劇が過去のものとはなっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る