小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著) 5月27日新刊発売「『人権』がわからない政治家たち」(日刊現代・講談社 1430円)

憲法改正案の是非を問う「国民投票」は必ずやって来る

公開日: 更新日:

憲法改正問題を真面目に考えよう(1)

「改憲」は自民党の党是である。その自民と同じく改憲に前向きな維新と国民民主を加えて衆議院では3分の2の議席を超えた。参議院でもこの3党に公明を加えれば現に3分の2以上の議席がある。

 しかも、最近の世論調査では、改憲賛成派が50%を超えている。

 だから、憲法改正案の是非を問う国民投票は近い将来に必ずやって来るはずである。

 40年以上も憲法論議に参加してきた私が不思議に思うことは、いわゆる「護憲派」が憲法論議から「逃げて」しまうことである。

 その言い分は、「不当な改憲論議は無視して潰す」であった。しかし、そうして時を過ごしている間に二つの実害が生じてしまった。第一に、護憲派が議論に弱くなってしまった。そして第二に、改憲派が自由に「嘘」を語って世論を誘導できるようになってしまった。

 だから、これから、衆参両院における審議はいつものように噛み合わない議論の末に「時間切れ」で多数で可決され、国民投票がやって来ることになるだろう。

■順序立てた国民的論争が必要だ

 しかし、このままでは、護憲派は「改憲されたら戦争になる」と主張し、改憲派は「改憲しなければ国が滅ぶ」と主張し、不毛な平行線のままで国民投票を迎えることになりかねない。

 国の在り方を変える憲法改正は、順序立てた国民的論争を経て進められるべきである。

 第一に、なぜ改憲が必要なのか? 現行憲法の欠陥が実証的に明らかにされなければならない。例えば、現憲法の下では、現在の国際情勢の中で日本の独立は確実には守られ得ないということが疎明されなければならない。

 第二に、では次にどのように憲法条文を改めたらよいか? が議論されて大方の国民の合意を得た方がよい。

 このような段階を誠実に踏まずに、800億円もの国費を投じて、憲法改正国民投票という政治的空白の危険を冒すべきではない。

 しかも、今、自民党が推進している、主権者国民に正直に説明しない「騙し討ち」のような方法で憲法を改正し得ても、それではその後の法的安定性が確立されようがない。(つづく)


◆本コラム 待望の書籍化! 発売中

『人権』がわからない政治家たち」(日刊現代・講談社 1430円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  2. 2
    MLB労使協定失効まで1週間…大谷翔平がロックアウト不可避なら“大損”する理由

    MLB労使協定失効まで1週間…大谷翔平がロックアウト不可避なら“大損”する理由

  3. 3
    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

  4. 4
    眞子さんの結婚は「国民」の気持ちに反していたのか? 皇室ジャーナリストの発言に違和感

    眞子さんの結婚は「国民」の気持ちに反していたのか? 皇室ジャーナリストの発言に違和感

  5. 5
    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

もっと見る

  1. 6
    斉藤鉄夫国交相に特大ブーメラン!「買収」に対して誰よりも厳しかった国会答弁の数々

    斉藤鉄夫国交相に特大ブーメラン!「買収」に対して誰よりも厳しかった国会答弁の数々

  2. 7
    ますます高まる「CSなんかやめちまえ!」 セパ王者対決白熱で日本シリーズのあり方浮き彫り

    ますます高まる「CSなんかやめちまえ!」 セパ王者対決白熱で日本シリーズのあり方浮き彫り

  3. 8
    巨人金欠で最多勝・九里の広島残留に球団ニンマリ “全権”原監督だけが眉ひそめるトホホ

    巨人金欠で最多勝・九里の広島残留に球団ニンマリ “全権”原監督だけが眉ひそめるトホホ

  4. 9
    岸田首相が率先して「議員特権」を享受 原宿に億ション所有も“格安”議員宿舎入居の怪

    岸田首相が率先して「議員特権」を享受 原宿に億ション所有も“格安”議員宿舎入居の怪

  5. 10
    巨人CS惨敗の赤っ恥で案の定…「大補強」今オフもやるってよ! 弱い金満が狙う6人の名前

    巨人CS惨敗の赤っ恥で案の定…「大補強」今オフもやるってよ! 弱い金満が狙う6人の名前