「政治刷新本部」の安倍派9議員に裏金疑惑 幹部や事務総長経験者「5人衆」立件見送りで調整か

公開日: 更新日:

 岸田首相の直轄で自民党内に設けた「政治刷新本部」。「やってる感を演出してるだけ」と批判されているが、それを裏付けるとんでもない疑惑が浮上した。

 安倍派からメンバー入りした10議員のうち9人がパーティー収入を裏金化していたというのだ。13日の朝日新聞が報じた。

 9人は本部長代理の岡田前地方創生相、副本部長の野上元農相、幹事を務める5議員、事務局次長の2議員ら。直近5年で数百万~数十万円を還流か中抜き、もしくは両パターンで裏金化していたとみられる。本部長代理の岡田が最高額だという。

 こんな連中が政治資金の透明性拡大や派閥のあり方について議論し、法改正を行うなど、泥棒に縄をなわせるに等しい。

■安倍派「5人衆」らは立件見送りで調整

 一方、自民党安倍派の裏金事件で東京地検特捜部は、西村前経産相や松野前官房長官ら「5人衆」と呼ばれる幹部や事務総長経験者について、政治資金規正法違反での立件を見送る方向で調整していることがわかった。13日のNHKニュースが報じた。

 昨年末から任意で事情を聴取してきたが、同罪で在宅起訴されるとみられる派閥の会計責任者との共謀は認められないという。

■関連キーワード

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差