欧州格下に連敗、協会内にくすぶる不満…ザッケローニ解任まで「M1」

公開日: 更新日:

 欧州遠征中の日本代表は15日、セルビア戦(11日、0―2)に続いてベラルーシと対戦した。2カ国とも欧州内では「二流以下」。日本代表がW杯本大会で決勝トーナメントに進出するには“勝ち点3を獲得”しないといけないレベルの相手である。

 しかし、まるでセルビア戦のリプレーを見るようだった。ボールを回す。相手陣地に侵入する。しかし、決定機を逃し続け、そうこうしているうちにガツンとやられるパターンである。

 0―1で迎えた後半6分、珍しくザッケローニ監督が積極的に動いた。

 1トップのFW柿谷を下げ、DF森重を投入して陣形を3(DF)―4(MF)―3(FW)に変更。3バックにして中盤を厚くし、前線の中央にMF本田を、左右にFW香川とFW岡崎を配する攻撃的布陣を敷いた。

 しかし、公式戦で9試合目となる3バックに選手は混乱し、押し込まれて泡を食う始末。残り5分で長身FWのハーフナー・マイクを投入して馴染みの4バックに戻したものの、ゴールの予感さえも漂ってこなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  10. 10

    検察もア然…安倍首相「言論テレビ」でついたもう一つの嘘

もっと見る