欧州格下に連敗、協会内にくすぶる不満…ザッケローニ解任まで「M1」

公開日:  更新日:

 欧州遠征中の日本代表は15日、セルビア戦(11日、0―2)に続いてベラルーシと対戦した。2カ国とも欧州内では「二流以下」。日本代表がW杯本大会で決勝トーナメントに進出するには“勝ち点3を獲得”しないといけないレベルの相手である。

 しかし、まるでセルビア戦のリプレーを見るようだった。ボールを回す。相手陣地に侵入する。しかし、決定機を逃し続け、そうこうしているうちにガツンとやられるパターンである。

 0―1で迎えた後半6分、珍しくザッケローニ監督が積極的に動いた。

 1トップのFW柿谷を下げ、DF森重を投入して陣形を3(DF)―4(MF)―3(FW)に変更。3バックにして中盤を厚くし、前線の中央にMF本田を、左右にFW香川とFW岡崎を配する攻撃的布陣を敷いた。

 しかし、公式戦で9試合目となる3バックに選手は混乱し、押し込まれて泡を食う始末。残り5分で長身FWのハーフナー・マイクを投入して馴染みの4バックに戻したものの、ゴールの予感さえも漂ってこなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る