• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「待ってろ、巨人」 ロッテ・グライシンガーを発奮させた古巣への“恨み”

 延長十回に決勝本塁打を放ったのはブラゼルだが、この男の快投を忘れてはいけない。

 負ければ楽天に王手をかけられる大事な一戦。崖っぷちのチームを救うべくマウンドに上がると、6回4安打無失点の好投でCSの流れを変えた。

「ようやくチームに貢献できた。ずっと迷惑をかけていたからね」

 助っ人右腕にとっては「ぶっつけ本番」の一戦だった。9月中旬に右肩痛のため、CS進出をかけ熾烈な戦いを繰り広げるチームから離脱。気持ちが切れてもおかしくはなかったが、彼には大きな目標があった。

 自分を見限った古巣へのリベンジである。11年オフに巨人をクビになりロッテ入り。直後のキャンプで巨人への思いを聞くとこう漏らしていた。

「(戦力外通告は)手術を受けた右ひじの状態もよくなっていたときだった。それに、(巨人で)調子が上がらなかったのは捕手との相性なんかもあったから。この悔しい思いを晴らすためにも頑張らないとね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る