「待ってろ、巨人」 ロッテ・グライシンガーを発奮させた古巣への“恨み”

公開日: 更新日:

 延長十回に決勝本塁打を放ったのはブラゼルだが、この男の快投を忘れてはいけない。

 負ければ楽天に王手をかけられる大事な一戦。崖っぷちのチームを救うべくマウンドに上がると、6回4安打無失点の好投でCSの流れを変えた。

「ようやくチームに貢献できた。ずっと迷惑をかけていたからね」

 助っ人右腕にとっては「ぶっつけ本番」の一戦だった。9月中旬に右肩痛のため、CS進出をかけ熾烈な戦いを繰り広げるチームから離脱。気持ちが切れてもおかしくはなかったが、彼には大きな目標があった。

 自分を見限った古巣へのリベンジである。11年オフに巨人をクビになりロッテ入り。直後のキャンプで巨人への思いを聞くとこう漏らしていた。

「(戦力外通告は)手術を受けた右ひじの状態もよくなっていたときだった。それに、(巨人で)調子が上がらなかったのは捕手との相性なんかもあったから。この悔しい思いを晴らすためにも頑張らないとね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る