「待ってろ、巨人」 ロッテ・グライシンガーを発奮させた古巣への“恨み”

公開日: 更新日:

 延長十回に決勝本塁打を放ったのはブラゼルだが、この男の快投を忘れてはいけない。

 負ければ楽天に王手をかけられる大事な一戦。崖っぷちのチームを救うべくマウンドに上がると、6回4安打無失点の好投でCSの流れを変えた。

「ようやくチームに貢献できた。ずっと迷惑をかけていたからね」

 助っ人右腕にとっては「ぶっつけ本番」の一戦だった。9月中旬に右肩痛のため、CS進出をかけ熾烈な戦いを繰り広げるチームから離脱。気持ちが切れてもおかしくはなかったが、彼には大きな目標があった。

 自分を見限った古巣へのリベンジである。11年オフに巨人をクビになりロッテ入り。直後のキャンプで巨人への思いを聞くとこう漏らしていた。

「(戦力外通告は)手術を受けた右ひじの状態もよくなっていたときだった。それに、(巨人で)調子が上がらなかったのは捕手との相性なんかもあったから。この悔しい思いを晴らすためにも頑張らないとね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    緊急事態宣言いよいよ全面解除 感染しない外出の楽しみ方

  10. 10

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

もっと見る