本部SDに就任 西武・渡辺前監督の6年間の「功罪」

公開日: 更新日:

 一方で「野球が雑になった」という声もある。チームに勢いがある時は負けないが、それが途切れた途端に勝てなくなる。西武黄金時代に主力選手だった山崎裕之氏(評論家)は、「今の西武には当時の面影はない」とこう続ける。

「黄金時代は小技や機動力など緻密な野球を徹底させ、対戦相手に嫌なイメージを与えていた。確かに積極的に攻めることは間違いではない。しかし、今季の西武は<なぜ、この場面でこの策を?>という、愚の骨頂ともいえるミスが多かった。盗塁にしても、塁を盗めたと確信した時にこそ走るべき。ただガムシャラに走るのではない。そうしたひとつのミスが試合をぶち壊しかねない。野球は一球一球で状況が変わるスポーツだからこそ、選手にはおのおのの役割を理解させなければいけない。今季の西武はそうしたことが欠けているように思えました」

<イケイケドンドン>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る