即戦力投手逃した巨人 中日の“Gキラー”FA中田賢獲りも

公開日: 更新日:

 巨人は東京ガスの石川を1位で入札したものの、ロッテとの競合の末にクジ引きで敗れ、外れ1位で小林誠司捕手(日本生命=24)を単独指名した。

 夏場に先発陣が総崩れしたことで、原監督は即戦力投手の獲得を望んでいたが、あっさり捕手へ方向転換。2位以下は高校生ばかりだった。結局、即戦力投手の指名はなし。クジを外した原監督は「(小林は)非常に洗練された捕手。阿部という素晴らしい捕手がいるが、彼のDNAを引き継いで、近未来、正捕手として戦える力を持っている」と笑顔。
 「石川と迷った? やや(石川が)上回ったという状態。これはもう甲乙付けがたかった。でも、ほぼ100点のドラフト」と悲愴(ひそう)感はなく、即戦力投手は取れなくても仕方ないと言わんばかりだった。

 今年の巨人の1位候補は目まぐるしく変わった。最初は捕手からスタート。次に桐光学園の松井、そして即戦力投手に移行した。山下スカウト部長は「即戦力投手? うちはそこそこの選手がいるから、(2位以下は)若手を重視した」と話した。「若手うんぬん」を言うなら、松井や大阪桐蔭の森といった甲子園のヒーローを指名すれば盛り上がったが、結局回避。ただ、「即戦力投手は何らかの形で? そうですね」とFAなどで補強することをにおわせた。

 このオフ、FAで動向が注目される投手は西武の涌井(27)、広島の大竹(30)、中日の中田賢(31)などがいる。原監督は巨人戦に強い選手を好む傾向がある。かつて、「巨人キラー」と言われた中田賢の獲得に動く可能性が出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る