ドラフト採点簿 オリックスが満点なら巨人と阪神は何点?

公開日:  更新日:

「オリックスは盆と正月が一緒にやってきたようなもの。大成功でしょう」
 こう言うのは、スポーツライターの安倍昌彦氏。

 何と言っても、社会人ナンバーワン右腕の吉田一将(JR東日本=24)の一本釣りに成功。2位はこれまた社会人の即戦力右腕・東明大貴(富士重工=24)を指名できた。

「吉田は今年の投手の中で最も安定感があり、1年目から2ケタ勝てる力がある。2位の東明は、おそらくセットアッパー、抑えとして1年目から一軍でフル回転するでしょう」

 と評価した安倍氏は、4位指名した高校生野手・園部聡(聖光学院高=17)についても、「将来の中軸候補」とみている。

「指名の展開によっては3位以内で消えてもおかしくない素材。ウリは打撃力。中堅方向に長打を打てる。木のバットに対応しやすい合理的なスイングの軌道をしている。タイミングを外されても、グッとこらえて拾ってヒットにできる粘り強さもある。プロのスピードにいち早く慣れれば、3年程度で一軍のレギュラーを奪う素質です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る