原監督が“ヒント”をポロリ 星野監督が日本一をもぎ取る方法

公開日:  更新日:

 日本シリーズの戦前の予想は圧倒的な戦力を誇る巨人が有利。楽天はエースの田中将大(24)をフル回転させて勝機をうかがうしか勝ち目はない、とみる評論家が多い。

 星野仙一監督(66)は田中を第1、5、7戦に先発。もしくは、第1、5戦に先発、第6、7戦は救援起用の2通りのプランを温めているという。田中は「心の準備はしておく」と話しているが、いくら24勝0敗の絶対的エースでも、巨人からひとりで4勝を挙げるのはムリ。キーマンは新人ながら15勝を挙げた則本昂大(22)だ。第2、6戦に先発し、第7戦はリリーフ待機が濃厚。楽天は「田中、則本で2勝ずつ作戦」で巨人に挑む。

 ヒントは08年の日本シリーズ。巨人を4勝3敗で下した西武の投手起用にある。21日の練習中、巨人の原辰徳監督(55)はこう話していた。

「今はあまりそういう起用をしなくなったけど、巨人が西武に負けた時(08年の日本シリーズ)、涌井と岸がこれでもかって投げてきたよな。2人しか(投手が)いないんかい! って思った。短期決戦ではああいう使い方もある。渡辺さん(監督)だからできたのかもしれないな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る