原監督が“ヒント”をポロリ 星野監督が日本一をもぎ取る方法

公開日:  更新日:

 日本シリーズの戦前の予想は圧倒的な戦力を誇る巨人が有利。楽天はエースの田中将大(24)をフル回転させて勝機をうかがうしか勝ち目はない、とみる評論家が多い。

 星野仙一監督(66)は田中を第1、5、7戦に先発。もしくは、第1、5戦に先発、第6、7戦は救援起用の2通りのプランを温めているという。田中は「心の準備はしておく」と話しているが、いくら24勝0敗の絶対的エースでも、巨人からひとりで4勝を挙げるのはムリ。キーマンは新人ながら15勝を挙げた則本昂大(22)だ。第2、6戦に先発し、第7戦はリリーフ待機が濃厚。楽天は「田中、則本で2勝ずつ作戦」で巨人に挑む。

 ヒントは08年の日本シリーズ。巨人を4勝3敗で下した西武の投手起用にある。21日の練習中、巨人の原辰徳監督(55)はこう話していた。

「今はあまりそういう起用をしなくなったけど、巨人が西武に負けた時(08年の日本シリーズ)、涌井と岸がこれでもかって投げてきたよな。2人しか(投手が)いないんかい! って思った。短期決戦ではああいう使い方もある。渡辺さん(監督)だからできたのかもしれないな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る