原監督が“ヒント”をポロリ 星野監督が日本一をもぎ取る方法

公開日: 更新日:

 日本シリーズの戦前の予想は圧倒的な戦力を誇る巨人が有利。楽天はエースの田中将大(24)をフル回転させて勝機をうかがうしか勝ち目はない、とみる評論家が多い。

 星野仙一監督(66)は田中を第1、5、7戦に先発。もしくは、第1、5戦に先発、第6、7戦は救援起用の2通りのプランを温めているという。田中は「心の準備はしておく」と話しているが、いくら24勝0敗の絶対的エースでも、巨人からひとりで4勝を挙げるのはムリ。キーマンは新人ながら15勝を挙げた則本昂大(22)だ。第2、6戦に先発し、第7戦はリリーフ待機が濃厚。楽天は「田中、則本で2勝ずつ作戦」で巨人に挑む。

 ヒントは08年の日本シリーズ。巨人を4勝3敗で下した西武の投手起用にある。21日の練習中、巨人の原辰徳監督(55)はこう話していた。

「今はあまりそういう起用をしなくなったけど、巨人が西武に負けた時(08年の日本シリーズ)、涌井と岸がこれでもかって投げてきたよな。2人しか(投手が)いないんかい! って思った。短期決戦ではああいう使い方もある。渡辺さん(監督)だからできたのかもしれないな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る