岡田・前代表監督にささやかれる「ザックの後がま説」の信憑性

公開日:  更新日:

 中国1部リーグ・杭州緑城で指揮を執っている岡田武史・前日本代表監督(57)の「今季限りで退任する」を聞いたサッカー関係者の反応は「3つ」に分かれた。

 まずは「14年は解説者の仕事をする」。

 岡田監督は99年にJ2札幌を率い、J1に昇格した01年シーズンだけで監督を辞した。「当分は休養する」と話していたが、翌02年になると解説者の仕事をメーンにやるようになり、日韓W杯もあって岡田監督は引く手あまた。数千万円の収入があったといわれる。

「金にはシビアな岡田監督。14年ブラジルW杯でも解説者としてボロもうけとソロバンをはじいている」(サッカー記者)

 2つ目は「Jリーグの監督に就任する」。
 有力な移籍先は、6年間のストイコビッチ監督体制に終止符を打った名古屋である。杭州緑城で1億円以上の年俸をもらっていた岡田監督。名古屋も来季は緊縮財政でストイコビッチに払っていた年俸1億3000万円はムリだとしても、何とか1億円ならひねり出せる。大台保証なら岡田監督も文句はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る