岡田・前代表監督にささやかれる「ザックの後がま説」の信憑性

公開日: 更新日:

 中国1部リーグ・杭州緑城で指揮を執っている岡田武史・前日本代表監督(57)の「今季限りで退任する」を聞いたサッカー関係者の反応は「3つ」に分かれた。

 まずは「14年は解説者の仕事をする」。

 岡田監督は99年にJ2札幌を率い、J1に昇格した01年シーズンだけで監督を辞した。「当分は休養する」と話していたが、翌02年になると解説者の仕事をメーンにやるようになり、日韓W杯もあって岡田監督は引く手あまた。数千万円の収入があったといわれる。

「金にはシビアな岡田監督。14年ブラジルW杯でも解説者としてボロもうけとソロバンをはじいている」(サッカー記者)

 2つ目は「Jリーグの監督に就任する」。
 有力な移籍先は、6年間のストイコビッチ監督体制に終止符を打った名古屋である。杭州緑城で1億円以上の年俸をもらっていた岡田監督。名古屋も来季は緊縮財政でストイコビッチに払っていた年俸1億3000万円はムリだとしても、何とか1億円ならひねり出せる。大台保証なら岡田監督も文句はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る