岡田・前代表監督にささやかれる「ザックの後がま説」の信憑性

公開日: 更新日:

 中国1部リーグ・杭州緑城で指揮を執っている岡田武史・前日本代表監督(57)の「今季限りで退任する」を聞いたサッカー関係者の反応は「3つ」に分かれた。

 まずは「14年は解説者の仕事をする」。

 岡田監督は99年にJ2札幌を率い、J1に昇格した01年シーズンだけで監督を辞した。「当分は休養する」と話していたが、翌02年になると解説者の仕事をメーンにやるようになり、日韓W杯もあって岡田監督は引く手あまた。数千万円の収入があったといわれる。

「金にはシビアな岡田監督。14年ブラジルW杯でも解説者としてボロもうけとソロバンをはじいている」(サッカー記者)

 2つ目は「Jリーグの監督に就任する」。
 有力な移籍先は、6年間のストイコビッチ監督体制に終止符を打った名古屋である。杭州緑城で1億円以上の年俸をもらっていた岡田監督。名古屋も来季は緊縮財政でストイコビッチに払っていた年俸1億3000万円はムリだとしても、何とか1億円ならひねり出せる。大台保証なら岡田監督も文句はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る