ザッケローニもろとも賞味期限切れ 協会トップと強化責任者のノーテンキ

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表の欧州遠征に帯同していた日本サッカー協会幹部連の“ノーテンキ”コメントが物議を醸している。

 日本代表に関して「めちゃくちゃ悪いわけではない」と話したのはサッカー協会の大仁邦弥会長。続けて「悪いところが分かれば対処しようもあるが、何となくうまくいっていないのが最大の問題」と言った。

 ところが、ザッケローニ監督を招聘(しょうへい)した張本人の原博実・強化担当技術委員長は「良くなかった」と真逆コメント。さらに「今は一喜一憂する時期ではない。1、2試合で考えを変えるつもりはない」とW杯本大会までザッケローニ監督に任せることを強調した。

「サッカー界のトップと強化担当の責任者の意見が食い違うのは見苦しい」と話すのはサッカーライター・平野史氏だ。

「試合の評価や選手の巧拙は見る人によって意見が分かれても、それはサッカーファンなら許せるが、サッカー協会の幹部が悪くない、良くないと異なる意見を発信するのはいかがなものか。原委員長が『考えを変えるつもりはない』とコメントしましたが、現時点での協会の総意は『ザック続投』なのでしょう。そうならば、会長も強化委員長も『ザックを全力でサポートする』と口を合わせて発信すべき。会長と委員長の間に意思の疎通は図れているのか、疑問に思わざるを得ません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る