• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ザッケローニもろとも賞味期限切れ 協会トップと強化責任者のノーテンキ

 サッカー日本代表の欧州遠征に帯同していた日本サッカー協会幹部連の“ノーテンキ”コメントが物議を醸している。

 日本代表に関して「めちゃくちゃ悪いわけではない」と話したのはサッカー協会の大仁邦弥会長。続けて「悪いところが分かれば対処しようもあるが、何となくうまくいっていないのが最大の問題」と言った。

 ところが、ザッケローニ監督を招聘(しょうへい)した張本人の原博実・強化担当技術委員長は「良くなかった」と真逆コメント。さらに「今は一喜一憂する時期ではない。1、2試合で考えを変えるつもりはない」とW杯本大会までザッケローニ監督に任せることを強調した。

「サッカー界のトップと強化担当の責任者の意見が食い違うのは見苦しい」と話すのはサッカーライター・平野史氏だ。

「試合の評価や選手の巧拙は見る人によって意見が分かれても、それはサッカーファンなら許せるが、サッカー協会の幹部が悪くない、良くないと異なる意見を発信するのはいかがなものか。原委員長が『考えを変えるつもりはない』とコメントしましたが、現時点での協会の総意は『ザック続投』なのでしょう。そうならば、会長も強化委員長も『ザックを全力でサポートする』と口を合わせて発信すべき。会長と委員長の間に意思の疎通は図れているのか、疑問に思わざるを得ません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る