• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

80億円の仰天情報も 楽天・田中「入札額異常高騰」の裏にAJの影

<70億円、80億円と天井知らず>

 今オフ、ポスティングシステム(入札制度)を使って米メジャー移籍が濃厚といわれる楽天・田中将大(24)。その「予想入札額」が異常な高騰を見せている。

 今月13日、米ニューヨーク・ポスト紙が、「楽天が田中をポスティングにかけた場合、ヤンキースは6000万ドル(約60億円)が必要となるだろう」と報じたのをきっかけに、田中の価格は天井知らずの様相。レンジャーズ、ドジャースなど潤沢な資金を持つ球団が次々に「マー君取り」に参戦表明したこともあって、今では他球団も70億円、80億円と入札額の上積みを余儀なくされているという。

 田中はシーズン24勝無敗という快挙を達成。今季、レンジャーズで奪三振王に輝いたダルビッシュ(27)より若いうえ、ダルビッシュですらできなかった偉業を日本で成し遂げたのだから、米メディアやメジャー球団が札束を上積みするのも無理はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る