自由契約になればオフの主役に 日本球界で「ムネリン株」急上昇

公開日: 更新日:

「日本に帰ってくるかは微妙だと聞いているが、当然欲しい人材」
 セの球団幹部が、ブルージェイズの川崎宗則(32)についてこう語った。

 先日、レッドソックスが制したア・リーグ優勝決定シリーズの中継で解説を務めた川崎(9ページで詳報)。来季については一部スポーツ紙の取材に、「何も決めていない」としながら、日本球界への復帰も視野に入れていることを明かしている。

 ブ軍が来季契約のオプションを行使すれば、自動的に来季もブ軍でプレーする。ただ、もし自由契約になれば、日本球界に復帰する可能性も出てくる。それだけに、日本球界では川崎に対する評価が急上昇しているのだ。

「大きな故障もないし、日本に戻ってくれば、遊撃、二塁で好成績を残すのは間違いない。しかも日本は、遊撃手不足に陥っている。川崎のメジャー移籍に始まり、中島裕之も西武からアスレチックスにFA移籍した。日本を代表する遊撃手といえば、巨人の坂本や阪神の鳥谷くらい。相対的に見ても川崎の評価が高まっている」(某球団編成担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る