投打の助っ人に鳥谷まで流出なら…来季の阪神は最下位転落も!?

公開日:  更新日:

 戻ってこないかもしれない。

 今季チームで打撃3冠(打率.314、19本塁打、85打点)のマートン(32)が22日に帰国。直前会見では来季の去就について、「来年はどうなるかわからない」と言いながらも、「米国でプレーすることは誰にとっても憧れ。日本に来る前よりいいプレーができるという気持ちは持っている」と自信をのぞかせた。

 阪神に在籍している助っ人は契約が切れても、国内の他球団に移れない。マートンの選択肢は「阪神に残るかメジャー及び韓国、台湾などの他国リーグ」ということになる。
 それは、16日に帰国したメッセンジャー(32=以下メッセ)も同じだ。今季12勝を挙げて残留を求められている右腕は、阪神での4年間に97試合に先発、623回3分の1を投げ、39勝32敗、防御率3.03。この実績によりメジャースカウトの評価が上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る